読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

まずはすぐ動く!行動の重要性。≪ラルフ・ワルド・エマーソンの名言≫

自分に何ができるかは、自分以外の者にはわからない。

いや、自分でもやってみるまではわからないものだ。

≪思想家、哲学者、宗教家、作家、詩人/ラルフ・ワルド・エマーソン≫

 

 

 

自分ができることを一番よくわかっているのは自分。

だけど、本当にそれができるのか、できないのか、はたまた、これから何ができるようになるか、なんか自分でもわからないもんです。

 

 

だからこそ、名言でも言われている通り、やってみる必要があるんです。

 

 

あれこれ考えて、考えて、考えて…結局行動をしない。

 

これは本当にもったいない。

 

 

例えるなら、英会話ができるようになりたいけど、時間もない、お金もないからあきらめよう。

 

とか、

 

ホームページを作れる技術があれば、会社の営業成績を上げることができて、自分の評価ももっと上がるんじゃないか?、だけど、やり方が分からないからあきらめよう。

 

 

似たようなことありませんか?

 

 

行動することの重要性。

 

 

 

結局、考えるだけで行動をしないのであれば、常に机上の空論です。

 

まずは、なにはともあれ行動をしてみることが大切です。

行動をしなければ始まらないことが多々あります。

 

 

例えば、先ほどの英会話の例であれば、本当に時間が足りないのか?、お金がないからできないのか?やってみなければわかりません。

 

1日30分でも勉強してみたら少し英会話ができるようになった。とか、友達に外国人の知り合いを紹介してもらって、無理やり休日にでも話してみるようにするとか、いくらでも方法はあるはずです

 

そうすれば、英会話を話すことができるようになるはずです(少なくとも今よりは)。

 

 

ホームページの例では、やり方が分からないのではなく、やり方を調べようとしないのであきらめていることになります。

 

やり方なんかは英会話の例と一緒で、調べてみたり、分かる人に聞いてみたりすればわかるはずです。

やり方が分かれば、次に実行をしていけばいい。

 

実行をすれば本当にHPにより営業成績が上がり、評価され、出世なんて言うこともみえてきます。

 

 

だから、何はともあれ行動することが大切ですよ。

 

 

行動するためには?

 

 

 

行動する重要性はわかります。

では、行動をするためにはどうすればよいのでしょうか?

 

実は色々やりようとしてはありますが、一番良いのは、あなたの考え方、

つまりマインドを変える必要性があります。

 

マインドとしては、

 

 

余計なことを考えずとにかくやってみる。

 

 

これ。

頭が良い人ほど良く考えるので、考えの弱点や、不安点を見つけ、行動できないことがあります。

 

英会話の例や、ホームページの例もそうです。

結局、不安点をみつけ、行動できていません。

 

 

でも、これって行動するためには邪魔なんですよ。

 

だってそうじゃないですか?

行動すれば成功する目があるのに、行動しなければ成功する可能性なんか完全な0ですよ。

 

 

意外と余計なことを考えず、愚直にまずやってみる。

っていうことを意識すると行動できるようになりますよ^^

 

 

やってみることを繰り返していけば、経験から

やってみなきゃわからない、ということが身につくはずです。

 

 

経験してしまえば、あとは、習慣づけられるのも時間の問題だと思います。

余計なことを考えず、心がけていってみてください!