読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

人は行動から考えが分かる!逆に考えが変われば行動も変わる!≪ジョン・ロックの名言≫

人が何を考えているか最もわかるよい方法は、

彼らの行動を見ることだ。

≪哲学者/ジョンロックの名言≫

 

 

 

人間の本性は言葉よりも、行動に現れます。

いくら言葉やその時の行動だけで繕ったとしても、普段の行動は意外とごまかせないものです。

 

普段から人のことを気にしてフォローをする人。

逆に言葉では自分が責任を持つといって、いざという時には、責任を取らず、人のせいにする人。

 

行動によってその人のことが分かるため、人のことは言葉だけでなく、行動を見る必要があります。

 

ただし、ここで忘れてはならないのは、自分自身も行動で見られているということです。

 

 

 見られていないと思っているところでも、意外と人は見られてれています。

 

 

そして、その行動であなたも判断されてしまっているんです。

 

行動から自分変える

 

普段の行動や、言葉には十分に気を付けるべきです。

 

あなたが品行方正で、曲がったことが大嫌いで、自分よりも他人のことを心底思っている人であれば話は別ですが、そんなことはないはずです。

 

あなたが例えば、愚痴を言う人であれば、心の中で自分のこともどう思われているかわからない、と考えられてしまい、周りの人は去っていくでしょうし、それがうわさになり、本人に伝わってしまえば、目も当てられませんよね。

 

逆に、人のことをよく褒める人であれば、その人と話していれば気持ちがいいですし、嫌な気持ちにならない。

だから、周りの人にも好かれるようになり、褒めることにより、周りに人からの評価も上がっていきます。

 

ただし、本当に、相手のことを褒める気持ちがあれば、です。

褒めるのがただの表面上で特に思っていないのであれば、どこかで、軽んじた発言が出てしまうかもしれません。

心の底から思っていることが無意識に行動や言葉として出てくるのです。

 

ですので、普段から行動には十分に気を付けた方がいいのです。

 

 

そして、ロックの名言では、どういう人間であるか、行動で分かると伝えてくれていますが、一方で、

 

 

考えが変われば行動も変わる

 

 

とも解釈を変えられます。

 

例えば今までゴミ拾いを行っていなかった人が、綺麗好きになろうと、ゴミ拾いを行って、習慣化してしまえば、それが当たり前になります。

「ゴミ拾いをする人」=気が付く人、他の人がやりたくないことを進んでやる人、のようにその行動は判断されます。

 

自分としては積み重ねてやり続ければ当たり前になりますが、その行動によって周りの評価は上がり、そして、拾い続けるうちにゴミが落ちているのが嫌になる、つまり、綺麗好きになるという自分に変わることができます。

 

もう一つ例をあげるのであれば、学生であれば、数学が嫌いだったとしましょう。

でも、数学が苦手だからできるようになりたいと考えを変え、たくさん勉強を続けたとします。

そうすると、数学が段々と解けるようになっていき、解けるようになれば、数学も怖くなくなり、好きになっていくでしょう。

 

そして、数学の勉強を行い続け、良い点数を取り続けるあなたを数学が嫌いだなんてだれが思うでしょうか?

 

 

考えが行動を変え、そして、人を変えるんですよ。

 

 

それは自分自身も、そして、それにより、周りの評価も変わるんです。

ならば、悪い行動は慎むべきですし、良い行動(他人を大切にする行動や、自分を成長させ、高める行動)はガンガンしていきましょう。

 

あなたがなりたい姿はどういう姿でしょうか?

なりたい姿が行う行動こそがあなたが行う行動です。

 

その行動を考え、是非実行してみてください。

ちなみに、どういう考えをして、行動をするか、メモして、毎日見るといいですよ!

 

自分への刷り込みになり、どういった行動かを忘れることもなければ、見ることによって、なによりも明確化しています。

是非お勧めします!

 

私も実はやっています(^^)

自分が思った通りの人間になれれば、うれしいですし、人生充実しますよね!