読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

あなたの人生における目標は?目標へ向かって努力してこその人生だ!≪西田幾太郎の名言≫

人は真摯に努力すべき目標なきより 淋しいものはない。

≪哲学者/西田幾太郎≫

 

 

あなたは目標を持っていますか?

 

目標を持っていれば、その目標に打ち込み、退屈することがなくなります。

 退屈するということは非常に時間が無駄となります。

 

しかし、目標さえあれば人生、退屈することはありません。

さらに言えば、自分自身が望む目標であるほどやる気に満ち溢れ、人生が輝き、毎日生き生きと過ごすことができます。

 

そして自分が望み、何が何でも達成したい目標こそが

 

 

生きがい

 

 

となります。

 

自分で定めた目標に対し、全力で取り組む。

なんてすばらしい!

 

しかし、現実として他人から与えられた目標をこなすことの方が多い人もいますよね。

 

他人から与えられた目標でもあなたの人生は輝く。

 

目標を持っていれば打ち込むことが常にあり、退屈することがありません。

なぜなら、常にその目標をどうやって達成すればいいか、暇があれば考え、行動することになるからです。

 

もし、あなたが目標を持っているにも関わらず、このような状態にないのであれば、それは、あなた自身が立てた目標ではなく、他人が立てた目標である可能性があります。

 

他人が立てた目標では、なぜ、それを目指すのか?ということに対し、しっかり自分で受け止めることができないと、心からその目標を目指したい!とは思えません。

 

そして、目指したいという思いがない目標なんか、ただの負担にしかなりません。

他人から与えられた目標で生きがいを見出すことは難しく、そして生きがいとして見いだせない目標に関しては真摯に打ち込むことができず、中途半端な結果、もしくは失敗する可能性が急激に高くなります。

 

そんなんじゃなにをやっても楽しくない。

もし、失敗体験しかないのであれば、いくら他人の目標を与えられたとしてもネガティブな思考で、努力が不足し、どんどん失敗を積み重ねてしまいます。

 

だからこそ、他人から与えられた目標に対しても、

自分なりに納得し、全力を持って目標を達成することが大切なんですよ。

 

 

あなたが他人から与えられた目標に対し、納得がいっていないのは、ちゃんとその目標を与えられた理由を聞いていないからです。

 

なぜその目標を与えられたのか?

その意図が例えば、あなたへの期待であったり、世の中への貢献であったり、あなた自身の将来のためであったりします。

 

この、「なぜ?」が重要であり、そこを追求していけば、その目標というのは意外と真っ当であることが分かります。

 

しかし、「なぜ?」を思わない、そして、思っても聞かないままでしたら納得なんかできず、上記のように失敗を積み重ねてしまいます。

 

与えられた目標に対しては「なぜ?」を繰り返し、議論し、真に自分に落とし込めていければ、最終的にはそれが生きがいになり得る場合もあります。

 

是非、納得がいかなければとことん、議論してみてください。

納得すれば、その目標に対し、真摯に向き合うこともできます。

納得し、真摯に向き合ってこその目標です。

 

そして、真摯に向き合った目標であなたの人生は輝くんです。

 

しかし、いくら議論しても納得がいかないのであれば、そんな目標は捨ててしまえばいいんですよ。

 

とことん議論し、あなたが納得いかないのであれば、それは全く持って意味がない目標なんでしょう。そんなことを続けても意味はないはずです。

そういう場合は、放ってしまえばいいんです。

 

思い切りを持ってみましょう。

 

 

人生における生きがいは何個でも持っていい。

 

 

時々、人生における目標=生きがいを一つに限ってしまう人を見受けます。

 

「自分にとって、家族の幸せこそが生きがいで、家族を幸せにするために働いているんだ!」

 

とか

 

「会社を大きくすることが自分の生きがいなんだ!」

 

とかですね。

 

もちろん、目標がないよりはあった方がいいです。

そのことに対しては全く疑いようがない事実ですが、もったいないんですよ。

 

人生一度きりなんです。

あなたが自分の人生の主役なんです。

 

 

もっと欲張りません?

 

 

生きがいなんて、一つに限ることなんかまったく必要がないんですよ。

人生における最大に目標はこれだ!なんて大げさに考えてしまうから1個になってしまうようです。

 

そんな大げさに考えない。

「あれもこれも達成したいんだ。」

でいいんです。

 

金持ちを目指して、かっこいい旦那さん(可愛いお嫁さん)をもらって、家族を満足させて、自分自身も好きな事やって、もっともっと欲張って生きていけばいいんです。

 

一つだけ目指して、もし万が一失敗したらどうします?

人生の全部をつぎ込んで失敗したら?

 

打ち込んでいる時はそんなことはきっと考えないですが、結果がそうなってしまっては元も子もない。

燃え尽きてしまい、他に魅力を感じず、後悔だけが残ってしまう可能性があります。

 

だからこそ、欲張ってたくさんの生きがいを見つけ、目標達成のために生きていけばこんなに楽しいことはないし、「自分の人生やりきった!」って最終的には思えるようになるはずですよ。

 

そんな人生、いいですよね。

 

もしあなたが、生きがいがないのであれば、何を目指したいか、自分に問いかけて、生きがいを見つけましょう。

生きがいが見つかれば、何をすべきか、今の自分が何をやるべきか明確になってくるはずです。

 

生きがいを見つけてこその人生。

ですが、見つからなくてもあせらなくていいので、自分に問い続けてみてください。

何が自分は好きなのか?

何をするとうれしいのか?

 

こんな感じでやっていけば何をしていきたいのか段々見えてくるはずですよ!

 

生きがいが見つかっている人は自分の信念を信じて突っ走っていってください!

 

人生楽しく、輝いて生きていきましょう(^^)