読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

過去の経験が未来を創造する!未来を考え、今の行動を決定しよう!≪ジュリアン・グリーンの名言≫

過去の否認は有害な態度である。

現在と戦い、未来を創造するには、 往々にして過去が最も有効な武器なのである。

≪フランス・アメリカの小説家/ジュリアン・グリーンの名言≫

 

自らの過去を否定すること自体が、生きることへの害となってしまいます。

なぜなら、現在や未来というのは、過去から成り立っているからです。

 

どんな過去であれ、その過去の経験から、今のあなたや周りを取り巻く状況は作られています。

 

 

失敗した場合、その失敗を忘れたいと思ってしまうことはよくあることです。

たしかに、失敗をすることは恥ずかしいと思いますし、失敗は誰もがしたくないものです。

 

しかし、その失敗から逃げてきたのか、はたまた克服してきたのか、過去によって違います。逃げた記憶があるのであれば、その記憶自体は役に立たず、克服したのであれば、勇気を持てた、がんばれた、などの自己評価が残り、自信につながります。

 

また、逆の成功体験の場合、成功体験があったとしても、なぜ成功したかを覚えておらず、その成功が活かされない場合もあれば、なぜ成功したかをしっかり覚え、次回以降にも同じような成功を繰り返すことができるなどに繋がります。

 

 

過去に何をしたか、どうやって考えたかによって、

考え方や性格、最悪、人生だって決まってしまいます。

 

 

「今」はすぐに「過去」になる。

 

過去に起こったことで、今の自分が形成されており、さらに過去の経験により、未来での行動が変化していきます。

 

過去が自分に自信を持てるようなものであれば、自信になりますし、逆の場合であれば、自信を持てない人間になってしまいます。

 

だからこそ、過去は大切になっていくのです。

ただ、過去が大切であることは分かりましたが、過去を大切にできるために必要な考え方があります。

 

それは、

 

 

「今」はすぐに「過去」になる。

 

 

という考え方です。

過去はいくらやっても変えられません。

しかし、今や、未来は変えられます。

さらに言えば、今というのは時が過ぎ去れば、すぐに過去になってしまいます。

 

先ほどから過去にどのような行動をしたかが重要であると説明していますが、今がすぐに過去になるというのであれば、今を大切に動くことも過去を活かす上で輪をかけて重要になります。

 

だからこそ、「今」の行動に対しては、より気を使うべきですし、さらに重要な考え方として、気を使うためには、未来ではこの「今」の行動が誇らしいものになるか否かを考えるといいですよ。

 

未来で誇らしい行動となっていないのであれば、そのままやめるべきであると思いますし、さらに、未来で誇らしい活動であるか否かを考えることによって、今の行動が正しいかどうかが明確になりやすくなります。

 

未来を構築するのは過去であり、すぐ、過去となる「今」です。

だからこそ、今の行動が本当に未来の自分に対してどう評価されるか、自分なりに未来の自分になって評価をしてみて下さい!

これをやり始めれば、きっと誤った選択肢を選ぶ可能性は低くなっていきます。

是非おためしを!