読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

希望があるからこそ、人は動く!だからこそ、希望を持つように、そして、持たせるようにしよう!!≪マルティン・ルターの名言≫

この世を動かす力は希望である。
やがて成長して果実が得られるという希望がなければ、農夫は畑に種をまかない。

≪宗教改革者/マルティン・ルター≫

 

この世の中を動かしているのは人々の希望によるものです。

希望があるから人は物事に取り掛かるし、希望がないのであれば、物事に取り掛かりないでしょう。

 

ルターが名言で述べている通り、果実を得られる・収穫があるという希望がない限り、決して農夫は種をまかないでしょう。

 

 

この世を動かすのは人間であるので、つまりは人間を動かすのも希望ということになります。

 

そして、希望の持ち方によって、人の行動は大きく変わってきます。

 

 

希望によって、行動が大きく変わってくる、というのはどういうことか?

 

例えば、学生時代、東大に入れば、将来、収入が安定しやすい、もしくは、自分がなりたい職業に就ける可能性が高くなる、という希望を持って勉強をしている人。

 

一方で、大学に入っても人生に何も影響がないと考え、勉強から将来に対して希望を持たない人。

 

前者の方が勉強に打ち込むし、その分、成績だって上がりますよね?

それは、希望があるからですし、

 

 

希望というのは行動の理由になるからです。

 

 

結局、なんでその行動をするのか?

という理由を強く持っている人が強く、理由をより強固なものにしてくれるのが希望なんです。

 

 

希望を持つためには視野を広く。

 

だからこそ、希望は持っていた方がいいですよね。

 

希望なんかない、と、ネガティブにとらえてしまう人もいるかもしれません。

でも本当に将来に対しても希望はありませんか?

 

希望を持てない人は、視野が狭い傾向にあります。

つまりは、現在のこと、もしくは、1日後とか、1か月後とか。

現在に近い未来だけを思い浮かべ、絶望する。

 

たしかに、こうやって視野が狭ければ、希望は持てないでしょう。

だからこそ、

 

 

視野を広く持ちましょう。

 

 

1年後、5年後、10年後。

未来のことを思い浮かべて、自分がどうなっているか、あるいは、どうなっていたいかを考えましょう。

 

 

この時、心がけるのはできるだけ自分がワクワクするような姿を思い浮かべること。

これこそが自分にとっての希望となり、その希望を叶えるための行動は何をすべきか?ということを考えるヒントとなってくれます。

 

いくら考えても自分の思い描く姿になれないような行動はやめてしまえばいいんです。

 

極論を言えば、自分の希望のためにちっとも役に立たない仕事であるならばやめても問題ありません。

 

逆に希望を叶えてくれそうな仕事や行動であるなら石にかじりついてでも離さず、行うべきです。

 

 

要・不要の見極めは、希望を叶える際の逆算から導き出します。

例えば、10年後に年収1億円稼げるようになる。という希望があった場合には、5年後に何をしていれば、いくら稼げていればいいのか?1年後には?1か月後には?今は?

 

というように考えます。

 

もし、今勤めている会社がつぶれそうとか、出世させてくれないとか、スキルが全く身に付かないというのであれば、時間の浪費なので、他の行動をした方が良いということになります。

 

ただし、慎重に、今、本当にすべきことを考えた上で、です。

 

 

希望を持たせることこそが良い教育に繋がる。

 

そして、希望というのは、自分だけでなく、他人に対しても強い力を持っているんです。

 

上司が部下に、「お前はダメだな」とか絶望ばっかり与えていたって、成長はしませんよね?

逆にここまで頑張れば給料上がるから頑張れって言えば、努力するし、その分成長だってしてくれます。

 

だから、希望をうまく伝えることができる人こそが、良い教育、つまり、

 

 

より、人を成長させることができるんです。

 

 

このことを頭に入れずに、ただ、頭ごなしに怒るとかダメだしをする人が多いか・・・

あくまで、希望を与えるように、働きかければ、その人のやる気は引き出せるんです。

人をうまく育てるコツなので、しっかり覚えて教育に活かしてください!

 

冒頭の勉強の例でも、希望の与え方によって、勉強をする子にもなるし、勉強をしない子にもなります。

どうやったら相手が希望があるように思うか、しっかり考えて伝えていきましょう!

 

 

余談ですが、

洗脳だって希望を利用しているんです。

利用というよりも悪用ですね。

 

死後の世界で幸せになれるとか、ツボを買うだけで大金持ちになれるとか。

希望を持たせたことで、洗脳することができるんです。

 

それくらい、希望の影響力はすごいんですよね。