読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

人生は公平じゃない!?不公平と認めることから個性を磨く!≪ビル・ゲイツの名言≫

人生は公平ではない。そのことに慣れよう。

≪マイクロソフト創業者/ビル・ゲイツ≫

 

 

人生はどうやっても公平ではありません。

極端なことを言ってしまえば、アフリカの貧しい国々で生まれたことと日本に生まれたこと、生まれた時点で公平ではありません。

 

それを、公平だ、平等だと言ってしまうと、どうしても歪が生じます。

だったらどうするか?

 

 

人生は不公平であることを認めましょう。

 

そして、不公平と認めることからスタートします。

 

 

 

 

人生が不公平であることを認めることがスタートであるというのはどういうことか?

それは、自分自身の置かれている立場を客観的に評価をすることで、自分がどう戦うべきか、どう生きていくべきかが見えてくるからなんです。

 

例として、ぼくなんかはイケメンに顔ではかないません。

イケメンに対し、造形でたちむかってもしょうがありません。

真っ向勝負してもかなわないとわかる。

 

分かるからこそ、そのイケメンとは違う領域、例えば、ファッションであったり、話術であったり、勉強だったり、スポーツだったりと、何を磨くべきか?というものが見えてきます。

 

これを公平として捉えてしまい、同じ土俵で戦うと痛い目をみます。

 

世の中は公平でない。

だからこそ、

 

自分の強みを発見でき、個性を磨くことができるんですよね。

 

 

不公平だからこそ、見える個性

 

何でもかんでも公平だったら、個性なんか目立ちません。

皆が皆同じような親で、同じように教育されて、同じように体格で、同じような顔で…

こんな世の中つまらないでしょう?

 

いっそ、自分だけが他人から褒められ、ちやほやされて、ということだったら、それは気持ちがいいですよね。

 

全員が全員、同じなんてあり得るわけがない。

不公平だからこそ、どんな個性を磨けばいいか?

が見えてくるわけですよね。

 

 

自分の人生が輝く武器を。

 

不公平だからこそ、個性が見つかる。

だからこそ、他人と同じなんて言う風にしていたらつまりません。

 

不公平ということを受け入れ、自分の武器は何か?を探していきましょう!

 

背が低いとか、背が高いとか、コツコツ同じことができるとか、飽き性で同じことはできないとか。

 

一人一人、自分の得手、不得手があるはずです。

だったらそれを武器に戦えばいいんです。

そうするために必要なのは、

 

 

自己分析

 

 

ですね。

 

自分が得意なものは?不得意なものは?自分の特徴を書き出していきましょう。

例えばぼくなら、コツコツ同じことを繰り返すのが得意。

新しいものを生み出すのが不得意。

人よりも大きな声を出せる。短気。時間を守る…などなど。

 

特徴というのは自分が他人よりも秀でているもの、劣っているものというものですから、これを書き出す。

 

そうすることによって、今、自分が何で勝負すべきか?を見出します。

今の仕事、勉強、人間関係、なんでもそうです。

自分だったら他の人に何が負けないか?ということで勝負すれば、それが個性となり、欠かせない人物となります。

 

一旦、武器さえ見つけてしまえばあとはそれを磨くだけ。

その武器を磨くことで自分の個性も磨かれていく。

 

そうすれば、自分らしい人生というのも切り拓かれていき、人生が今よりも楽しく、思い通りにもなっていきますよ!