読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

勇気を出すことで人生が変わる。勇気を出せなかったら他人に振り回される。≪アメリア・イアハートの名言≫

勇気は安らかな暮らしを得るために必要な投資だ。

それを知らない人間は、

小さなことにつまずき続けるだろう。

≪米国の女性パイロット/アメリア・イアハート≫

 

 

勇気を出すか出さないか、出せるか出せないか。

これは生きていく上で本当に重要なことです。

 

勇気を出せないのであれば、他人に振り回されてしまう人生、つまりは不本意な人生に終わるでしょうし、逆に勇気を振り絞ることができるのであれば、自分の本意の人生を歩むことができます。

 

 

自分の人生を生きるためには勇気が必要不可欠。

 

例えば、上司に対し、反対の意見があろうってもその意見を言う勇気がなく、そのまま聞いてしまう。

 

そうすると、上司としては、扱いやすい、もしくは自分と同じ意見だと勘違いをしてしまい、同じような意見を繰り返してきます。

いわゆるYESマンですから、上司は気持ちがいいかもしれませんが、言われている身としてはたまったものではありません。

 

 

しかし、それはあくまで勇気を持てない自分の責任。

 

 

勇気を出していうことができれば、上司に振り回されたりしないものです。

 

人間関係もあるので、あまりにも自分の意見を前に前に押し出しすぎると、ただ険悪になってしまうかもしれないので、バランスは必要ですが、何も言わなければYESマンになってしまい、振り回されてしまいますよ。

 

他にも、勉強をするのであれば、質問があるのに、みんなの前で聞くのが恥ずかしい、または、先生が嫌いで、怖くて、聞けないというのであれば、疑問は解決せずにわからないまま終わってしまいます。

 

その時のことが理解できないことで、後々、もっとわからなくなってしまい、その科目が苦手になってしまう。

それも、先生が嫌いだったからとか、怖いからとか、そういう風に思い込んでしまうかもしれませんが、同じように、聞けなかった自分のせいですよね。

 

それで苦手になった教科のせいで、自分の望んだ大学だったり、会社へ行けなくなってしまう場合があります。

そんなことにならないために、普段から勇気を意識し、振り絞る必要があるんです。

 

勇気を出すことで、疑問がなくなる、勇気を出すことで、意見が通る、勇気を出すことで、認めてもらえる。

当然、そんないい事ばかりでなく、余計なことを言ってしまい、怒られてしまうこともあるかもしれない。

 

でも、そういったリスクを冒せないならリターンなんか得られない。

 

ある意味では、

 

 

リスクを冒すことが勇気です。

 

 

リスクを冒すからこそ、リターンを得られる可能性が出てくるんです。

自分の意見を通すとか、認められるとか、成長をするとか、なんでも勇気を出すところから始まります。

 

勇気を出すことで初めて自分の人生が生きられるようになっていくんです。

 

勇気を出せなけりゃ、前述したように、他人に振り回されて終わるだけです。

 

勇気は鍛えられる。

 

勇気をいかに振り絞れるか、これにより、自分をどれだけ成長させられるか、自分をどれだけ貫けるか決まっていきます。

 

 

ぶっちゃけ、上司に意見を言うのってきついですよね?

 

 

時には、仲良くしていたいからという理由で友達に意見を言うのがきついとか、部下や後輩にだって、指示するのにもきついときがあります。

 

でもそんな時、解決するのは勇気です。

勇気を持って伝えれば何かが変わります。

相手の気持ちを考えて言い方を考えるなんかは必要かもしれませんが、まずは言う勇気を持つことです。

 

では、勇気を持つためにどうするか?

至極単純に、

 

 

先のことを考えない。

 

 

先を考えすぎるから、相手の反応を考えてしまうから怖いんです。

だったら、そんなことは考えない。

 

だって、自分の予測なんか100%当たるわけじゃないじゃないですか?

絶対当たるのであれば考えていいですが、意外と肩すかしだった、なんていう経験ありませんか?

 

だから先のことは考えない。

考えないから怖くない。

怖くなければ言える。

 

だからこそ、考えすぎないことですね。

そしてさらに重要なことは、何回も勇気を出すと、勇気を出すことが苦ではなくなります。

 

 

何回も勇気を出すことによって、勇気は鍛えられるんです。

 

 

勇気を出すことに慣れるということですね。

 

一回、意見を言えた、質問ができた、行動ができたという経験から、自信が付き、もう一度勇気を出したらさらに自信が、さらにもう一回勇気を出したらもっともっと自信が付いて、勇気を出すことが楽になってきます。

 

まずは少しずつ、先のことを考えず、勇気を出す練習を。

出せば出すほど慣れてきますので、そうなったら自分の人生がどんどん充実していきますよ!