読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

等身大でいれば緊張が緩和する?!等身大でいる事、等身大を大きくすることの重要性≪菊地哲の名言≫

人前で緊張するのは、

自分を大きく見せたいという邪念があるからです。

平常心を保つためには、まずは等身大で挑戦し、

本当に自分を大きくするしかありません。

≪経営者/菊地哲≫

 

 

あなたは緊張をする人ですか?

ぼくは結構緊張します。

人前に出ると頭が真っ白になり、話すことが支離滅裂になったり、社長と話すときにもがちがちになってしまいます。

 

ただ、この名言に出会えてから緊張することが少なくなった、あるいは、緊張を感じにくくなったと思います。

 

結局ぼくは、人前で少しでもよく見せよう、または、上司、社長の前で少しでもよく思われようとして、何かいいこと言わなきゃとか、考えてしまいうまく行かなかった。

だけど、名言の通り、

 

 

等身大でいること。

 

 

これを心がけるだけで大分楽になりました。

 

 

等身大を見せることでの印象。

 

人によくみせよう、大きく見せようとするとどうしても緊張してしまいます。

しかし、等身大の自分を見せればいいだけということに気付くと、普段通りの自分を見せればいいと思い、で緊張は薄れていきます。

 

目上の人や憧れの人に会うためにはマナーとか身だしなみとか振る舞いとかものすごく気を使ってしまいがちですが、普段通りをできるだけ心がけましょう。

 

緊張をしたあなたを見せるよりも、緊張せず、のびのびと話すあなたであったり、振る舞うあなたの方がきっと良い印象を与えることになります。

 

緊張しているという子とは、どうあっても、本当の自分を見せるには至りません。

だからこそ、等身大でいることを心がけ、緊張しないようにしていきましょう。

 

 

挑戦し、大きくなることは忘れちゃいけない。

 

とはいえ、等身大が大きければ、大きく見せる必要なんかありません。

だからこそ、自信がある人はあまり緊張をする様子がないんです。

 

自分が培ってきたものを信じることができれば、余計に着飾る必要なんかないわけですから。

 

ということで、普段からいかに努力、挑戦をしているか?これが重要になってくるわけですね。

習慣で自信をつけられるくらいにまでなれれば、わざわざ、等身大であろうと考えなくても、等身大になれるわけですから。

 

 

初めはどうしても等身大でいることを心がけないと緊張してしまうでしょう。

だから、初めはそれでいいんです。

しかし、ずっとそれではだめです。

 

 

努力を続け、等身大をどんどん大きくしていきましょう。

 

 

大きくさえなれば等身大でいることに無理がなくなり、心もずいぶん楽になるでしょう。

今、あなたが一番緊張することはなんですか?

それは自分がどうなれば等身大の自分を見せられるようになりますか?

 

これを考え、目標と努力を明確にすれば、行動しやすくなるはずです!

試してみてくださいね(^^)