読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

言葉で自分が作られる。自分が発する言葉を意識しよう!≪中村天風の名言≫

その一語一語、

その言葉のすべてが、

人生に直接的に影響する暗示となる。

≪思想家・実業家/中村天風の名言≫

 

 

自らが発する言葉というのは自分を表しています。

特に口癖や無意識なものに関しては。

 

ネガティブな言葉、乱暴な言葉、前向きな言葉、他人を元気づける言葉。

何を発しているか、発した言葉が自分に返ってきて、自分というものを形成します。

 

 

言葉というのは人に与える影響がとても大きいものです。

他人から聞いた言葉でも様々な影響を受けますが、その中でも一番影響が大きいのは、

 

自分の言葉

 

です。

 

自分の言葉を一番よく聞くため、一番自分の言葉に影響される。

そりゃそうだと思いますが、意識していないと無造作に言葉を羅列してしまいます。

 

 

ネガティブな言葉を吐いていればネガティブに。

ポジティブな言葉を吐いていればポジティブに。

 

自分の言葉によって影響されるというのは、自分を教育しているようなもんです。

言い方を悪くしてしまえば洗脳です。

ですので、どんな言葉を吐いているかというのは意外と重要ですね。

 

どんな言葉を発しているか意識してみる

 

自らがどんな言葉を吐いているか、特に口癖や無意識な言葉を意識して拾ってみてください。

意外と自分がこんなこと言っているんだと驚くかもしれません。

 

 

ぼくは、「疲れた」とか「眠い」が口癖でした。

疲れてもいないのに疲れたといっていたり、眠くもないのに眠いと言ったり。

前述したように言葉というのは自分を洗脳しているようなもんです。

 

いつでも疲れ、いつでも眠いような状態を引き起こしていました。

他にもネガティブに、「もう、やだ」と言っていたりもしていたので、周りの出来事がなんでもかんでも嫌なものに見えていました。

 

一旦気づいてしまえば、あとは気を付けてやめればいいだけ。

それだけで意識が変わり、疲れもたまりにくく、いつでも眠いなんてこともなくなりました。

また、ネガティブな言葉を吐いていたことにより、わざわざ自分が周りを嫌なものとして受け止めていて、意外と嫌なことはないということにも気づきました。

 

 

自分がどんな言葉を吐いているか、それに気づき直すというか、ネガティブな言葉であればやめるだけでも感覚として全く変わってきます。

 

 

 

 

さらに、感情はこめなくてもいいので、自分が好きな言葉、例えば運がいいとか、自分はできるとか、自分に伝える。

そうするとあとから段々と本当についていると思えるようになったり、できるようになったりします。

 

感情は後からついてきます。

まずは言葉で自分を教育することが大切。

理想の自分はどんな人間か?

理想の自分だったらどんな言葉を吐くか?

これをイメージして言葉を作っていくといいですよ!