読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ができない社畜が仕事ができるようになるための方法を模索する日常

仕事ができないぼくだから、仕事ができるようになるためにいろいろ考えているので、それをつらつらと。目指せ脱社畜。

あなたの給料はどこから? これを知らないと給料は上がらない?!

どもども。

じょぜです。

ブログ名変更してから初めての記事です。

なので、サラリーマンの命綱である給料について述べてみましょう。

給料、上げたいですよねー。

 

 

 

 

さてさて、

サラリーマンの皆様!あなたの給料はどこから出ているか知っていますか??

 

 

当然、会社からですよね。

もっと言えば会社の利益からです。

 

「そんなの知ってるよ!」という声が聞こえてきそう。

でも知っていますか?

利益を意識しなきゃ、給料なんか上がらないんですよ。

 

あなたは意識してましたか?

 

 

利益とは??

 

会社員で利益を説明できる人が意外と少ない気がします。

知っている人には釈迦に説法ですが利益は次の方程式が当てはまります。

 

 

利益=売上-費用

 

 

売上から費用を差し引いたものが利益です。

だから、会社の利益を上げるためには

 

売上を上げる

 

もしくは

 

費用を下げる

 

という事をすればいいんです。

 

はい、ということで利益を認識するかしないかで、給料が変わってくるのはわかりますでしょうか?

もし、自分が仕事をしていて、売上は上げているけど交通費や残業を思いっきりして費用をかけているのであれば、利益は上がらないので、給料は上がりません。

 

もし、無駄な費用をカットしたとしても、カットするために余計な人件費がかかってしまっているなら利益は上がらないので、これまた給料は上がりません。

 

要は、

①費用をかけずに売上を上げる行動をし、結果を売上を上げているか?

 

②余計な費用をかけずに、費用を少なくしているか?

 

この2点がポイントです。

利益を大きくするほど評価は高くなり、給料も上がっていって然るべきです!

 

なので、営業であれば、①を。

管理、事務系であれば②を意識して動き、結果を出せば給料は上がっていくでしょう。

認識せずに動くのであれば、利益は少なくなるので給料の上り幅は少なくなるので損をします!!

 

 

特に働いている会社が中小であるほどこの評価はダイレクトに返ってきますので認識を高くしなければなりません。

(大手は認識しなくともシステマチックに利益を上げられるようになっています。)

 

例外的に、現在の売上は少ないけど将来的に利益が大きく出る場所を開拓したなんていうのは高く評価されるものだったりします。

 

 

ということで、利益を認識すると、給料が上がるということは分かって頂けましたでしょうか?

 

そして、給料を上げるために重要な要因がもう一つあります。

 

 

企業目的にあっているか?

 

自分が働いている会社の企業目的は知っていますか?

いくら利益を上げたとしても、会社の目的に反しているのであれば、評価はされません。

 

極端な例を言ってしまえば、利益上げるためだったら犯罪に手を染めていいか?

答えは『NO』ですよね。

 

覚せい剤を売りました、会社の利益になりました、でも警察に捕まって倒産しました、なんて何の会社のためにもなりはしません。

 

 

企業目的は会社によりますけどおおざっぱにいうと社会貢献だったりします。

もし知らない人は改めて見るといいでしょう。

 

企業目的とは、会社の方向性です。

 

これに背くのであれば、いくら利益を持ってきても意味がありません。

 

 

つまりは、評価を上げる、給料を上げるためには、

 

利益を上げつつ、企業目的を達成する。

 

これが重要です。

これができれば、給料が上がっていきます。

なので、給料が上がんないな、評価されていないな、って思ったら、

 

本当に今は利益貢献できる行動取ってるか?

 

企業目的に背いた行動していないか?

 

なんて振り返るといいと思います。

 

これをしていて評価もされない、給料も上がらない、だったらどうあがいても評価する側が間違っていますよ。

 

今まで意識していなかった人は意識してみましょう!

それだけで評価が一変するかもしれませんよ?!